ブラックリストの内容
ブラックリストの内容

ブラックリストに載ってしまうという言葉を聞いたことがあると思いますが、 実際に何をするとブラックリストに載ってしまうかご存知でしょうか?

ブラックリストに載ってしまう定義は「信頼することができない」にあります。

貸金業者側はお金を貸す際に利用者と契約を結びます。 貸金業者は契約に同意してくださったからこそ、利用者を信頼してお金を貸すのです。

しかし、契約を破り、貸金業者のもとに契約通りのお金が戻ってこないという状況になってしまった場合、 「もうこの人は信頼できない。お金を貸してはいけない」という情報を、他の貸金業者にも知らせる必要があるのです。

この情報は「事故情報」、「延滞情報」などと呼ばれ、指定信用情報機関などで保管、共有されるのです。 これが世間で良く知られている「ブラックリスト」の正体です。

ブラックリストに載る主な原因は「長期の延滞」です。 約61日以上の延滞で事故情報として登録されてしまいます。

また、直接延滞した場合でなくても、延滞に繋がる行動を起こした場合でもブラックリストに登録されます。

延滞以外でブラックリストに載るケース

  • 借金整理…債務整理(自己破産・任意整理・個人再生・特定調停)や返済が継続している間での過払い金返還請求をした場合
  • 代位弁財…連帯保証人など、本人ではない第三者が代わりに全額支払いをした場合
  • 契約解除…契約者に返済能力のよりが無いと見切られ、強制的に解約させられた場合
  • ブラックリストは借りた本人が契約通りに返済をすれば載ることはありません。 また、ブラックリストは一度載ってしまったからと言って、永遠に載り続けるというわけでもないのです。

    ブラックリストに載る理由はこちらにも掲載されております。→事故情報登録表示の種類

    カードからのキャッシングでも過払い請求できるんです!!ライフカードの過払い金請求情報はこちら!

    ページのTOPへ

    関連記事

    指定信用情報機関制度とは?

    日本信用情報機構(JICC)と株式会社ccbとは?

    過払い金請求整理と住宅ローン

    債務整理・任意整理と住宅ローン

    ブラックリストの記事一覧へ

    当サイトの全記事一覧
    ページのTOPへ

    ★過払い金返還請求に関してよくある質問と回答はコチラ
    よくある質問と回答


    ★元裁判所職員である岩崎が運営しているサイトです。詳しいプロフィールは
    こちら>>サイト運営者のプロフィール


    私が自信と責任を持ってオススメできる自己破産手続を行う司法書士
    ◆>>司法書士法人 新宿事務所


    当サイトの運営会社
    ご質問、ご要望はコチラ
    債務整理 過払い請求のTopへ

    ページのTOPへ