'."\n" ?> 任意整理の手続きの流れ 任意整理の手続きの流れ
任意整理の手続きの流れ

本当にやさしい無料相談
※お電話でのお問い合わせは「債務整理ナビを見た」と言っていただけるとスムーズに進みます。
フリーダイヤル 0120-10-20-30
メールでの無料相談の申込みはコチラ


裁判所などの公的機関を通すことなく、消費者金融などの貸金業者と借金の減額を交渉する手続きである任意整理。

この任意整理は交渉がまとまれば借金の減額や整理を行なうことができますが、あくまでも任意での交渉となっているため、貸金業者が交渉に応じてくれなければ借金を減らすことはできません。

こうしたことから、一般的には弁護士や司法書士などの法律の専門家に任意整理の手続きを依頼するケースが多くなっています。

では、弁護士や司法書士などに手続きを依頼した場合、任意整理はどのような流れで行なわれるのでしょうか。

まず、任意整理を依頼された弁護士や司法書士は、貸金業者に対して「受任通知書」というものを発送します。

この受任通知書の発送によって、借金に困っている依頼者本人への直接取り立ては止まり、今までの取引開示の要求などの交渉はすべて弁護士や司法書士が行なってくれることになります。

つぎに、取引履歴をもとに、借金の総額や今までの返済額を利息制限法に基づいて引き直し計算をします。

この時点で利息を支払いすぎていることが判明すれば、過払い金の請求手続きを取ってもらい、支払いすぎた利息が手元に戻ってくる場合があります。

過払い金がない場合は、借金の額を減らした和解案を作成してもらいます。

和解案の作成が済めば、この案に添って弁護士や司法書士が貸金業者との交渉にあたります。

貸金業者が同意すれば「和解書」を作成して交渉成立。あなたは和解書の内容に添って、減額された借金を支払っていくことになります。

自分一人で任意整理することをお考えの方は、こちらの記事をご覧ください。

ページのTOPへ

関連記事

手続きに必要なもの

これだけは気をつけたい注意点

任意整理の記事一覧へ

当サイトの全記事一覧
ページのTOPへ

★過払い金返還請求に関してよくある質問と回答はコチラ
よくある質問と回答


★元裁判所職員である岩崎が運営しているサイトです。詳しいプロフィールは
こちら>>サイト運営者のプロフィール


私が自信と責任を持ってオススメできる自己破産手続を行う司法書士
◆>>司法書士法人 新宿事務所


当サイトの運営会社
ご質問、ご要望はコチラ
債務整理 過払い請求のTopへ

ページのTOPへ